TOP > ハラテック21

自社開発テクノロジー
原工務店が自社開発したテクノロジー・商品をご紹介します。

ハラテック21

ハラテック21とは

日本は世界的にも希にみる地震大国です。また近年では、地球温暖化による異常気象からくる台風の大型化、日本林業の崩壊の危機など住宅を取り巻く問題は年々深刻化しています。
いつ何処で起きるかわからない地震に対する消費者の不安を解消し、日本建築の寿命が短すぎることから生じる環境破壊への抑止が重要です。
安全な住まいとは、長い歳月にも耐え、腐食にも強い頑丈な木づくりの家。「親から子へ、子から孫へ。3世代にも渡って安心して暮らせる家」こそが住まいの価値と質を高めることへの欠かすことのできない要件だと考えます。「ハラテック21」は、軸組みの強度向上と、耐久性を向上させることで、優れた耐震性を発揮し、木造建築の長寿命化の促進を図り、住宅に於ける社会的価値の創造に貢献しています。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

特徴

緊結写真

緊結

「ハラテック21」には構造部材の柱や梁など部材を組み合わせ接合したあと、引き寄せ金具を締め付ける機能があります。この機能により、部材同士を密着させわずかな隙間も生じない、より強固な緊結が完成します。他の金具にはない「ハラテック21」の最大の特徴です。

強度写真

強度

従来の木造住宅は、継ぎ手部分の断面欠損により、構造部材の強度を著しく損なうという欠点をもっていました。「ハラテック21」は、接合部の欠損部分を少なくし、強靭な構造体を造ります。安定した良質な集成材との相乗効果で、堅牢な構造躯体を実現しました。認定試験におしてもその強度は実証済みです。

高質写真

高質

従来の金具は鉄製が多いため、湿気に弱く、環境によっては腐食する恐れもあります。「ハラテック21」はダクタイル鋳鉄を使用しています。ダクタイル鋳鉄は鉄より硬度衝撃に強く錆びにくい特質を持っています。またジオメット処理してありますので、錆びによる内部までの腐食は起きません。

汎用写真

汎用

「ハラテック21」は、柱取付け、梁取付けなど在来工法の主要接合部すべてに使用できます。また柱と梁、大梁と小梁等のあらゆる仕口部分に使用でき、接合部を強固に緊結いたします。原工務店の家は全て「ハラテック21」で組上げられていますので、強固な骨組みが出来上がり、外力に対して圧倒的な安定性能を示します。

簡易写真

簡易

「ハラテック21」は、3種類の金物と4つのパーツ合計7つのパーツで構成されています。これらの組み合わせで全ての接合部に対応します。部品数が少ないため、プレカットの簡易化、部品の管理、現場施工の容易さなど大きなメリットが生まれてきます。全ての金具はアイシン精機で厳重な品質管理の下で生産されています。

美観写真

美観

「ハラテック21」は従来の露出された補強金物と異なり、金物全体が構造材の中に隠れてしまうので、吹き抜け空間や構造部材をデザインの一部とする「現し(あらわし)」においても、上質で美しい仕上がりが可能です。

施工例

住まいに関するご相談、ご質問などお気軽にお問い合わせくださいませ。
住まいづくりに役立つ資料請求は下記のボタンよりお申し込みいただけます。

0120-37-0233


pagetop