TOP > ペレットストーブ

快適な生活のために

ペレットストーブ

ペレットストーブ

自然エネルギーである木質ペレットを燃料とする、
環境にも暮らしにもやさしい 暖房機『ペレットストーブ』

ペレットストーブは自然エネルギーである木質ペレットを燃料とする、環境にも暮らしにもやさしい暖房機です。CO2削減に大きな効果が期待できるペレット燃料は、再生可能な地上資源として、地球温暖化問題の解決策としても注目されています。原工務店がお薦めしているペレットストーブは、暖炉のぬくもりをスタイリッシュなデザインで包んだコンパクトフォルムです。

ペレットストーブの特徴

  • らくらく簡単操作、着火もスイッチひとつ(温度調節可能)
  • 燃料の取扱いが容易
  • 薪ストーブのように煙が出ない
  • 灰の量が少ない
  • 安全設計(タイマー付き)
  • 自然環境にやさしい

メリット

  • 廃棄物ゼロ構想(資源循環)
  • 実際の炎を見ながら生活できる
  • 遠赤外線の為、体の芯まで暖まる
  • 化石燃料と違い、目・鼻・皮膚に刺激が少ない
  • インテリア性に優れているので、個性ある空間が演出できる

ペレット(燃料)ってなに?

ペレット(正確に言うと木製ペレット)米国で開発された、製材の木くず、流木などを粉にし水分を飛ばして固め、粒状にした成形燃料のことです。直径7ミリ、長さ15ミリほどの円柱状。取り扱いも簡単で、手を汚すこともありません。米国では約35万世帯が暖房用にペレットが愛用されています。水分を飛ばし、固めてあるので、燃焼温度も高く、二酸化炭素やダイオキシンを大幅にカットすることができ、環境にもとてもやさしく安心してご使用いただけます。


ペレットは再生可能なエネルギー

一袋10キロ(約1日分)

手を汚すこともありません

ペレット(燃料)の特徴

  • 大きさが一定でそろっている
  • 一定の硬さがあり、かたくずれしにくい
  • 小型の顆粒状なので軽く、取扱いに手間がかからない
  • 品質が安定していて燃焼効率がいい
  • 水分の割合(含水率)が低く、着火がよい
  • 搬送・保管に便利で、長期間の貯蔵も容易

原工務店では自社工場から出る木の端材を原料にしてペレットストーブの燃料になるペレットを製造しています。本来なら焼却されるはずの資源をリサイクルして有効活用。CO2削減や環境に配慮した原工務店の取り組みのひとつです。
お薦めのペレットストーブは住まいと暮らしの情報館「もっくの森」と山口展示場「爽よ木」に設置しています。

住まいに関するご相談、ご質問などお気軽にお問い合わせくださいませ。
住まいづくりに役立つ資料請求は下記のボタンよりお申し込みいただけます。

0120-37-0233


pagetop