TOP > 採択事業

採択事業

国が公募した事業に原工務店の提案が採択された事業を紹介します。

■国土交通省 地域住宅モデル普及推進事業

原工務店の提案が全国25社のひとつに選ばれました。

事業の目的

木造住宅の良さを普及するための展示場を建設し、5年間にわたって地域の皆様にこの展示場の活用やセミナーの開催、広報活動を通して木造住宅の普及を図ることを目的とした事業となっています。

原工務店が国土交通省に提案した木造住宅の魅力がいっぱいの展示場「悠楽木」は、この事業に選ばれて国土交通省からの補助金で建てられた展示場です。

事業の中心 防府展示場「悠楽木」

外観

風通しや陽射しの取込みにも配慮

講演会の様子

5年間にわたり防府展示場「悠楽木」を中心に木造住宅の普及活動を行い、国土交通省にその実績報告を行っています。
この補助事業による原工務店の取り組みが地域社会のより良い住まいづくりに貢献できるるよう活動しています。

■林野庁 地域型住宅づくり支援事業

原工務店が旗上げし発足した「やまぐち木の家ネットワーク」の提案が、実施補助事業に特定されました。

事業の目的

  • 地域の森林整備の促進
  • 地域材の利用拡大

のために地域材を生かした地域型住宅づくり支援を実施するため、森林所有者、地域の製材工場、工務店、設計者等の連携による地域の施主の求める風土に根ざした地域型住宅づくりのための活動を行います。

具体的には、地域材を用いた部材の技術開発や共通化、供給の仕組みづくり、実証展示等により、地域材の需要拡大に効果が期待でき、地域型住宅の普及促進に寄与するモデルプランを作成します。

「木の家づくりネットワーク」組織図

組織図

定例会の様子

「木の家づくりネットワーク」では、地域型住宅を開発し、施主様が満足できる品質の木材が、安定的に供給され、持続可能な山や森の循環を造り出すことを目的に森林・製材所、プレカット工場、設計事務所、工務店、山口大学、山口県森林企画課等と連携して、総合的な取り組みの展開を目指しています。

住まいに関するご相談、ご質問などお気軽にお問い合わせくださいませ。
住まいづくりに役立つ資料請求は下記のボタンよりお申し込みいただけます。

0120-37-0233


pagetop