TOP > 次世代ソーラーシステム「そよ風」

快適な生活のために

次世代ソーラーシステム「そよ風」

 

夏は涼しく冬暖かい、理想の温熱環境をつくる 次世代ソーラーシステム そよ風

太陽熱や夜間の放射冷却を利用して屋外の新鮮な空気を暖めたり、冷やしたりして室内に導入する《そよ風》は、環境に負荷を与えず、人にやさしい温熱環境を産み出す装置です。
朝夕の温度差を少なくし、冬は暖かく、夏は涼しくします。1日の温度差を少なくするだけでなく、年間を通じて穏やかな温熱環境をつくるシステムです。
小さな子どもやお年寄りはもちろん、すべての人の健康に良いシステムです。

ソーラーシステム《そよ風》のしくみ

冬のしくみ

日射があれば、朝から太陽熱で屋根は暖まります。屋根の下側を流れる空気も暖まり、その暖まった空気を自動的に室内に取り込み、床下に送り込みます。
床下のコンクリートを時間をかけてゆっくりと暖め、蓄熱します。そこで暖められた温風は床下一面に広がり、やがて吹出口から室内へ放出されます。室内へと出てきた空気は、さらに家中に広がり、家全体を太陽のぬくもりで満たします。


夏のしくみ

夏の日射で熱くなった屋根の空気は、北側の屋根の上で排出されます。
暑い日には、エアコンを入れて循環運動をします。
ファンが動き、3Fの空気がリターン口から床下(または1F)に送られ、同時に1Fの空気が3Fまで上がってきて循環し、涼しい空気を家中に広げることもできます。


 

夏の夜のしくみ

夏の室温は夕方になっても高いままで推移し、なかなか下がりません。でも、夜になると外気温が下がり、室温より低くなると、【そよ風】は冷たい外気を自動的に室内に取り込みます。
夜になると、金属屋根は冷たくなります。これは放射冷却現象と言われるものです。この現象を利用して、冷たくなった金属屋根の下側を流れる涼風を取り込むと同時に家の中に涼しさの蓄熱を行います。


ソーラーシステム《そよ風》の7つの特徴

《そよ風》を住まいに採用して誰もが驚くのは、その室内の快適さです。蒸し暑い夏には目覚めると草原の爽快感、厳しい冬の夜には陽だまりのぬくもり。

  1. システムがシンプルでリーズナブル
    《そよ風》の部材は大変シンプルにできています。かさばらず小屋裏空間が広く利用できます。また家の規模によって、機材・部材の組み合わせを変えることができるため、費用もたいへん経済的です。
  2. 設置計画や施工が簡単
    《そよ風》は小型軽量部材の組み合わせによって構成されているため、配置計画や施工が簡単です。
  3. メンテナンス・機材交換が簡単
    工夫を凝らした機材設計により、メンテナンスや機材交換が簡単です。
  4. 夏に室内が暑くならない
    従来の空気集熱式ソーラーシステムでは、夏の排気を屋内にあるファンボックスを通して行うため、夏に室内が暑くなります。《そよ風》は、夏の日中の排気を屋根の上で行う構造のため、夏季、室内が暑くなることがありません。小屋裏も部屋として利用することができます。
  5. 家中の温度を平準化できる循環機能
    温風・涼風の取り入れ時以外、循環機能を働かせることができます。この循環機能により、夏冬を問わず、家中の温度を平準化することができます。
  6. ガラスのいらない集熱屋根
    採熱板を利用することで集熱屋根のガラスを省くことができます。そのため施工やメンテナンスが非常に簡単・安全です。
  7. 暖房・涼風・循環・お湯採り・融雪ができる
    《そよ風》は暖房・涼風・循環の機能が標準で付いています。またオプションでお湯採り・融雪機能を設けることが可能です。

次世代ソーラーシステム《そよ風》は、思わず深呼吸をしたくなるような室内の温熱環境を四季を問わず実現します。

原工務店 山口展示場「爽よ木」に設置しています。

 

製造発売元: 環境創機株式会社

住まいに関するご相談、ご質問などお気軽にお問い合わせくださいませ。
住まいづくりに役立つ資料請求は下記のボタンよりお申し込みいただけます。

0120-37-0233


pagetop