TOPスタッフブログ「建築日和」 > お酢は 体に よい 

スタッフブログ「建築日和」

記事数:11 Page: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ 

お酢は 体に よい 

2017年04月31日

スタッフ名:松永 龍彦

お酢は、体に良いと聞いたことが ありますが!

いつ飲めばいいのか?

いろいろ種類があるみたいだけど どれがいいのか?

どのくらいの量を飲めば いいのか?

メリット デメリットは?

ちょっと調べてみました。

・空腹時は摂らない方がいいみたいです。
 高濃度のお酢は 胃に負担がかかるので 食事中または 食後がいいそうです。

・過剰摂取は 歯にも悪影響を 及ぼす。
 酸が歯に長時間付着すると エナメル質が溶けて薄くなってしまう原因になる。

・黒酢は 食べ物を送る速度を弱めて糖の吸収を緩やかにし 食後の血糖値の上昇を
 抑える働きがあり インスリンの過剰分泌を防いでくれる。

・現代人は疲労やストレス 加齢などで体が酸性に傾きがちになっていますが、お酢の
 クエン酸はこれらにも効果がある。

・コレステロール抑制作用がある。

・老化の重要な原因である酸性物質を強力に除去してくれる。

・血液は体の不具合などで ドロドロになりやすいもの。 血液がドロドロになると
 動脈硬化など 体にとって多くの不具合を起こす。お酢には血液サラサラ効果がある。

・お酢には高血圧低下作用があり 上手に利用してメタボリック症候群の予防に。

・醸造酢には穀物酢があり その中に 米酢 黒酢があります。
 米酢は米を4%以上使って製造したもの。
 黒酢は米または 米に小麦か大麦を18%以上使って製造したもの。

・アミノ酸の量は圧倒的に黒酢の方に多く含まれています。

・そのほか お酢の効果として 疲労回復 殺菌効果 骨を強くする 食欲増進 シミを防いで
 美肌になる ダイエット効果等々。

・摂りすぎは よくない?
 料理に使う分には 摂りすぎの心配はないが 飲料として飲むときは 大さじ一杯を
 5倍に水で薄めて 一日3〜5回くらいを目安に摂りましょう。

・こうしてみると 上手に摂ることにより かなり体に良いことがわかりました。 
 なるべく砂糖を控え目に そして「お酢を多めに」を 心がけたいものです。

以上 お酢は 健康によい でした。
記事数:11 Page: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ 

月別一覧

スタッフ

住まいに関するご相談、ご質問などお気軽にお問い合わせくださいませ。
住まいづくりに役立つ資料請求は下記のボタンよりお申し込みいただけます。

0120-37-0233


pagetop