TOP住まい手訪問記 > vol.78 二世帯で暮らす、古民家 カフェHOUSE

住まい手訪問記

二世帯で暮らす、古民家 カフェHOUSE
 
周囲を緑に囲まれ、のどかな場所に建つ築60年のA様邸。日本庭園と蔵のある格式高い日本家屋は、三世代にわたって住み継がれてきた歴史がある。
 
「家族みんなが好きだった五右衛門風呂が劣化していたので、それを修繕してくれる施工会社をインターネットで探していたんです。そしたら原工務店がでてきて。」原工務店との出会いについて語ってくれたのは、今春ご主人と一緒に実家へ戻ってこられた娘さん。
 傍らには施工中に誕生したご長男を抱くお母様の姿が。

親子二人で古民家リフォームの魅力について語ってくれました。      





 



当初、五右衛門風呂の修繕を予定していたはずが、お風呂の劣化の激しさと家族が増えることもあり、水まわりと親世帯との共有部分をリフォームすることに。

 


ご家族の要望だった「バリアフリー」「オール電化」「断熱性の高い家」を実現したのはもちろん、DK、縁側、和室に仕切られていた部屋を一室にし、さらに天井をとりはらい、昔ながらの丸太梁をあえて見せることで、木の表情がそのまま楽しめる開放的なLDKへと蘇らせた。
 


 

「父も絶賛しています!床に寝転がって上を見上げるのがいいみたいです」お父様の感想を教えてくれる娘さん。「家族みんなで素敵すぎて住むのがもったいないねと言っています。」そう言って微笑むお母様。仲良く語るお二人の姿から、わが家への愛着が伝わってくる。
 

 


 
現代の暮らしにあった設備と機能性。世代を越え愛され、家族と過ごしてきた建具や梁。それらを融合し、現代には決して表現できない趣ある空間が古民家の魅力と言える。
新たな息吹を吹き込まれたA様邸は、これからさらに家族の愛着を受け、次の世代へと住み継がれて
いくことでしょう。
 
山口市

バックナンバーを読む

住まいに関するご相談、ご質問などお気軽にお問い合わせくださいませ。
住まいづくりに役立つ資料請求は下記のボタンよりお申し込みいただけます。

0120-37-0233


pagetop